アメリカ、イリノイ州で宝くじで100万ドル(約8,700万円)を当てた男性が、毒物によって死亡しているのが発見された。
男性が死亡したのはその賞金を受け取った翌日で、叫び声を聞きつけた家族が近くの病院に運んだがそのまま死亡した。

毒物検査を実施したところ、致死量のシアン化合物が検出され、警察は殺人事件と断定した。
今のところ逮捕者は出ておらず、男性は人に恨まれるような人物ではなかったという。

http://www.cnn.co.jp/usa/35026613.html